本日はお薬のみ(診察なし)で対応いたします。

神奈川県知事の不要不急の外出自粛の呼びかけに基づき、本日はお薬の処方(診察なし)にご協力お願い申し上げます。

(基本、当クリニックで処方したとがある薬のみ対応します)

初診の方、初めての疾患の方、診察が必要な方は診察いたします。ご協力よろしくお願いします。 ...

続きを読む

お薬のみの処方

厚生労働省より新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、諸条件があるものの再診の場合、薬のみの処方を認める連絡が来ました。

原則として、発熱が続く患者さんとその家族を対象として、最終受診日から約3ヶ月以内の患者さんについては対面以外の問診などにより処方箋の交付を行うことにしました。

処方箋の受け取り方法により、2通りの方法があります。

①原則代理人がクリニックに来院。診察券、保険証とともに、必要な薬の詳細がわかるメモか薬手帳に記載したものを提出

平日は午前受付したものは、当日午後3時半以降または翌日以降の受け  取り.

午後17時迄に受け付けたものは 当日18時以降診察終了までもしくは翌  日以降の受け取り

土曜日に受付した分は翌週に処方箋をお渡しします。

②クリニックに来院できない場合はメール( ... 続きを読む

クリニックや待合での滞在時間の短縮をお願い

皆さんもご存知のように、残念ながら新型コロナ感染拡大が止まらないようです。ウイルスの性状から重症化率はインフルエンザなどとあまり変わらないのかもしれませんが、治療法が模索されている状況ですので、やはり感染の機会を減らす努力は必要と考えます。そこで、できる限りネットや電話での順番取りを優先していただき、ネットなどで診療の進み具合も確認できますので、クリニックや待合での滞在時間の短縮をお願いできればと思います。
また、月曜日や金曜日などの休み明けや土曜日は混雑します。火曜や水曜、平日も午後の方が比較的空いておりますので時間の調整可能な方はご協力お願いします。
特に、天気の悪い日は様々な面でおすすめです。1日も早く検査と治療体制の確立が進むことを願って止みません。 ... 続きを読む

今さならながら、新年のご挨拶。

新年のご挨拶、大変遅れました。今年もよろしくお願いいたします。今年はオリンピックyearですが、それよりも5Gによる次世代通信網導入に伴い、様々な面で大きな変化の始まる年ともいわれております。
既存の業務形態も大きく変化し始めることでしょう。我々の医療業務においても検査データの判断や診断面で膨大なデータをもとにしたAIによる技術革新により、新しい基準や診断技術が劇的に進化することになると思います。特に、我々皮膚科医の得意とする視診による診断という面では膨大なデータの蓄積さえあればAIの力が存分に発揮されるでしょう。
数年先には患者さんがスマホで撮影した画像をアップすればAIドクターが診断候補を上げてくれて適切な医療機関を教えてくれるようになるでしょう。あ、となると私の仕事はより適切な治療をオーダーメイドで提供する事が大切になるのだと思います。診断に必要な時間が短縮された ... 続きを読む