湯たんぽ等による低温やけど

毎朝布団から出るのがつらいくらいの寒い日々が続いています。
最近のエコのブームに乗って大流行の湯たんぽ。
電気アンカとはまた違う、ホッとするぬくもりがありその快適さが見直され
利用者が増えているようです。
と、同時に、低温やけどで来院される患者さんも残念ながら増加中・・・。
「やけど」は「熱い物に触るとできる」というイメージがありますが、
あったか~いくらい、の気持ちよいくらいの温度の物でも
長時間触っていると「やけど」をしてしまうことがあります。
低温やけどは、皮膚の表面はたいしたこと無い様に見えても、深くなることが多
く、治るまで時間がかかり、傷跡も残ります。使用するときは、カバーが外れな
いように注意し、高齢者や、熟睡しすぎると寝返りの回数も減りますのでお酒を
飲まれた ... 続きを読む

あけましておめでとうございます

年末年始、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
私はお陰様でゆっくり過ごすことができました。
昨年は年の後半から暗いニュースが続き、
なんとなくうつうつとした雰囲気が世の中に
広がって楽しい年末ではなかったかもしれません。
今年も大きな変化が続きそうな雰囲気が漂っておりますが、
人間は洗脳されやすい生き物ですから暗い話にはあまり耳を貸さず、
楽しい情報だけを仕入れながら今自分にできることを
頑張って行ければと思っています。
今年もどうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ...

続きを読む

乾燥注意

12月のカレンダーもあと少しで見納めです。
クリニック内のクリスマスの飾りも明日でしまいます。
昨年、今年と生のモミの木を買って飾り付けをしましたが、クリニック内のエア
コンの影響かクリスマスの頃には
カピカピに乾燥してしまいちょっと可哀そうなことをしてしまいました。
お肌も今の時期は乾燥が気になる季節です。
必要以上に洗いすぎないこと、保護をすることを忘れないようにして
冬を乗り切りましょう。
それでも乾燥する時はいつでも相談にいらしてください。
クリニックは年内は27日が最終日で年明けは1月5日月曜日からの診察になります。
皆様よいお年をお迎えください。 ...

続きを読む

しもやけ

12月に入り朝の冷え込みが厳しくなってきましたね。
しもやけで来院される患者さんが増え始めてきました。
末端が冷えることで、しもやけまでならなくとも皮膚の防御能力が低下し、手荒
れ・あかぎれ、かかとのカサカサなど皮膚のトラブルが色々と出てきます。
当然、患部となる手足を温めることも大切ですが、末端へ熱を供給するためには
体の芯からあっためることも大切です。腹巻きなどもお勧めです。
根もの(大根、ごぼう、かぶ、人参など)の温野菜は体を温めるのに効果的です。
お味噌汁や紅茶などに生姜のすりおろしたのを一つまみ入れるだけでも体が温まります。
この冬は、体の芯から温めて皮膚の元気を取り戻し作戦で行きましょう。 ...

続きを読む

学会!?

11月7日金曜日、8日土曜日とクリニックを休診させていただき、学会に参加して
まいります。
「院長の学会による休診」=「休暇」というイメージを持たれる患者さんもいらっしゃるようですが…。
2つ掛けもちで参加してきます。
ひとつはフットケア学会。皮フ科には意外に足の問題を抱えて来院される患者さ
んが多いので、私自身の知識レベルの向上と患者さんに紹介できるような便利グッ
ズがないか検討してくる予定です。
もうひとつはアレルギー接触皮膚炎学会です。基礎的研究と実地臨床に即した内
容で行われるので知識の整理ができればと思っています。
勤務医時代と違って一人で仕事をしているので新しい治療法などの知識などは積
極的に学会に参加して知識を収集しないと少なくともその時点でわかっているよ
り良 ... 続きを読む