遅ればせながら 飲む日焼け止め始めました

遅ればせながら飲む日焼け止め始めました.
夏も後半にさしかかって今更な感じもありますが、当院でも飲む日焼け止めなるものの取り扱いを始めました。

紫外線は一年中降り注いでおり、これから秋の行楽シーズン、運動会シーズンでもありますので、ぜひご一読ください。
そもそも日焼けによる変化はなぜ起きるのか?
紫外線は多量に入れば細胞に大きなダメージを残すのでできる限り少なくする努力を皮膚が頑張っています。
まず、角質層が紫外線を反射して、体内に入り込む量を少なくしようと頑張ります〔散乱剤と同様な作用〕その角質層の壁を突破した紫外線に対しては、メラノサイトがメラニン色素をつくり出して紫外線を吸収し〔吸収剤と同様な作用〕、真皮への侵入を防御します。
これらの防御機能で防ぎ切れず侵入してきた紫外線の中で強いエネルギーを持つUVBは皮膚の細胞 ... 続きを読む

ちょっとついでに・・

ようやく夏の暑さが続いていたかと思いきや、梅雨に逆戻りしたような不順な天候が続き、

汗をかくのになれた皮膚もまたまたかきにくくなったりと気候に振り回される日々が今年も続きます。

お子さんたちが夏休みに入るころから7月末までは毎年皮膚科がとても混雑するシーズンで

順番が取れないなどご迷惑をおかけしております。
このところ虫刺されや汗もなど誰もがいつでもなるような突発的な症状で来院されることが増えてきました。

そのせいもあって、順番をとった時はなんともなかったんですけど、私もさっき虫に刺されちゃって、ついでに薬もらえますか?

待っている間に下の子に気になる症状がでてきて・・・これは・・??

などと質問されることが少なくありません。

本当にみなさん何気なく声をかけて頂くのですが…。

順 ... 続きを読む

成分表示を気にしてみよう

今年は比較的涼しい日が多く、熱中症に対する注意もあまり出ていないようで、体力的には過ごしやすい日が多いのかもしれません。
ただ、皮膚科的にはチャ毒蛾が昨年より多めで気温が安定しないので汗のトラブルも比較的多いようで過ごしにくいのかもしれません。

さて、話題を本題のタイトルに移しますと、食べるものや身に付けるものにはその原料から原産国に至るまで様々な、表示義務があり、多くの情報が記載されています。
私は職業柄、知らない商品を手にするとまじまじと裏をながめる癖がついているので、化粧品コーナーで10分以上居座って新しい日焼け止めの成分を確認したりするので、はたから見ればキモイおっさんにうつるんだろうな、と思いつつも仕事の一環なのできにしないことにしています。

当然食べ物を買うときもひたすら裏をまじまじと、最近は老眼も始まってメガネをおでこにかけな ... 続きを読む

汗のかきはじめ

ゴールデンウィーク後半がかなり暑くなったと思ったらまたまた涼しくなり、月末に近づきようやく5月らしく暑い日が増えてきたように思います。
今年も暑くなり始めに特徴的な発汗機能の乱れに伴う様々な皮膚炎で来院される患者さんが増えてきました。
指の側面から手のひらにかけて広がる痒い小さな水ぶくれから始まる汗疱(かんぽう)、首や下腹部の赤い斑点かが輪取るように広がる遠心性丘疹性紅斑、顔や耳や腕の赤い小さなプツプツが強い痒みと共に増加する多形日光疹など、いづれも急激に悪くなり時折強く堪え難い痒みが出てくることが特徴です。
当院でも、季節のお便りのように「今年も出ちゃいました…」とバツの悪そうに来院される方も少なくありませんが、

多くの方が気をつければ症状が軽くなることを実感されているようで、症状の軽いうちに対処させる方が増えているのは嬉しく思います。 ... 続きを読む

帯状疱疹

今年も春先にかけて不安定な天候の日が多く、新年度も始まりなんとなく落ち着かない日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

昨年から減ることのない各国で起きるテロに加え、トランプ新大統領が誕生し、イギリスがユーロからの離脱交渉、北朝鮮が核開発に躍起になり、フランスでも新大統領誕生間近など、伝わってくる情報がどれも得体の知れない不安を煽るものが多くなりました。

こんな時は、冷静な判断と地に足のついた生活を心がけないと、不安やストレスから様々な異常が体の変調となって現れやすいものです。
皮膚科で言えばヘルペスや帯状疱疹なども春先に多いのもうなづけます。
そこで、今回は帯状疱疹と予防ワクチンについて少し触れたいと思います。

すでに多くの方に認知されている疾患ですが、簡単におさらいをすれば、原因は水ぼうそうのウイルスです。 ...

続きを読む