紫外線対策

5月の連休までは暑い日が続き、今年はどうなるかと思いきや、後半になって随分と過ごしやすい日が続きひと段落といったところでしょうか。
汗のトラブルで悩まされた患者さんたちも一山超えて小休止ですね。

油断せず体の中をしっかり温めて気候の変化に対応できる体づくりをしたいものです。
さて、昨年から当院でも取り扱いを始めて飲む日焼け止めなのですが、私個人の実感としてもかなり効果的だと思っております。
日焼けによる後遺症としてのシミシワ対策などのアンチエイジング対策としても良いでしょうし、もちろん読んで字のごとく、日焼けのやけどの炎症を軽減してくれます。

ついつい塗り忘れたり、塗り直したりができない時でも飲んでいれば安心です。
現時点では有効成分の異なるヘリオケアとユーブロックの2種類が比較的有名で、私は長時間の紫外線にさらされ外出 ... 続きを読む

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め

今年は例年になく暑い4月を過ごしました。夏日の後には汗疹で来院される患者さんもかなりいらっしゃいました。

やはり、急激な温度変化には中々、対応が難しいもので皮膚の調子が崩れるのも致し方ないかと思います。
今年は一足早めに夏本番を迎えそうな陽気が続きます。そろそろ本格的に日焼け対策が必要になってきました。
過去にも何度か取り上げているように日焼け止めの成分としては紫外線を吸収して熱エネルギーに変換して効果を発揮する紫外線吸収剤と単純に反射する散乱剤の2種類があり、製品としては両方含むものが多いように思います。
加工がしやすく定着させやすい吸収剤は熱を持ち長時間の仕様で吸収できなくなるので、休憩が必要なのに対して金属粉で加工しづらい散乱剤は効果が長持ちするというそれぞれ特徴があります。
しかしながら、表示通りの効果を発揮するにはかなりな ... 続きを読む

必要なステップ?!

3月も終わりに近づき、桜もいよいよ満開が近くなりました、良い季節ですね!

と書きかけにしてたら、今日は季節外れの雪となりました…

昨年に比べ厳しい花粉に悩まされていた皆様には恵みの雪となったでしょうか?

春を迎える3月といえば季節の変わり目で、年度末。大人も子供も進学、卒業、入社、転勤となにかとイベント盛りだくさんな時期を迎えます。

生き物というのは変化に適応する能力はあるのですが、やはり時間を必要とします。

どちらかといえば、変化がないほどストレスは少なく快適に過ごせるものです。

しかし、人間のように体ではなく、脳細胞が発達して本能以外の支配力が強くなると、刺激という名のストレスをあえて求めるようになります。

体に悪いと知りながら飲酒や喫煙、過激なアトラクションやホラーやサスペンス映画なども。 ... 続きを読む

しもやけ

今年はしもやけの患者さんがとても多い年になりました。
例年に比べて夏場の平均気温が0.5度くらい低かっだことに加え、年末からの寒波がとどめを刺していることが大きな要因と思われます。
先月も書きましたが、夏場にしっかり汗をかけるようにならないと、全身の汗の管がしっかり働かず、冬場になって湿度が下がるとあちこちの皮膚が水不足で乾燥肌になります。

この状態で外側から暖房や湯たんぽ、カイロにヒートテックなどで温めると急激に皮膚温が上昇するので温度調節のために汗を作ろうとするのですが、身体中の汗の管がお休みしてるので仕方なしに手足やお尻などに汗が集中して出てしまい、局所がムレムレの状態になります。

手袋をして外で動いて暑くなって手袋をはずしたり、寒い部屋で靴下を履いたまま布団にくるまって寝ていたら暑くなって知らない間に靴下を脱いで布団から足が出ていた ... 続きを読む

冬のあせも

ずいぶんとご挨拶が遅くなってしまいましたが、

新しい一年が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。
昨年より続く厳冬の影響で今年もしもやけや低温やけどなど、冬らしい患者さんも増えてきましたが、もう一つ忘れてはならないのが汗もです。

暑い夏に子供がおデコにいっぱいぶつぶつを作ってあせもになるのはイメージできると思いますが、近年は冬のあせもで来院される患者さんが増えているように思います。

そもそも私がここでお話ししている冬のあせもとは、汗が出すぎるタイプではなく、汗をかかない場所が急に温められて眠っていた汗の管が急に動き出した汗が押し寄せて通過障害を起こすような形で発症します。

ほとんどの患者さんが普段から運動しないで乾燥肌になっております。

運動をしていないので、代謝が悪くなり汗が出ず、寒がりなので熱いお風呂や ... 続きを読む